FC2ブログ

逃げ

精神世界の扉をたたき その道のリーダー探しをしていく私の心は
もう「自分を整える」ことは忘れて
娘を治してくださる方探しに没頭していました(T_T)

当時を振り返って。。
あの時の私は 無意識に自分を見つめることから逃げていたのかなぁと思います

でもあの時は 精神世界のスピリチュアルな力が
娘を快復させてくれると信じ 母の務めを全うしている気満々でいました
。。。超 が付く『押し付け』…(´Д`*)

その後 ヒプノをされている方のところに娘を連れていきます
。。。まだまだ凝りません 母ですから…(ノ∇≦*)

  楽しかった場面に行ってくださいって言われて
  子供のころに行った植物園の花がきれいやった所 思い出したわ

と娘が話してくれた時 その場面をいろいろ頭の中巡らせながら
内心(すごいな)と思っていました

私は 催眠に入れない…  ものすごく構えてリラックスができないのです

それとは別に(だからこそかもしれませんが)
自分の過去性を知るのが怖かった
過去性でも娘を傷つけていたら。。 それがわかったら
ますます自分が嫌になる
また娘に嫌われるかもしれへんし。。

また嫌われる。。
私はひどい母親でした…(今世の話です‥)

自分の思う娘像を押し付け 娘が望むことをして
私の思いと違ったら怒りまくる
嫌われて当然の母でした。゚(゚´Д`゚)゚。



自分の名誉回復のためにここで記しておきます!!

娘曰く
母さんはほんまに変わった  よかったわ。。

息子曰く
電話で話しててもイライラせんようになったわ


今の私になれて
こうしてブログを書いています




まとまりのない文章にお付き合いくださって
ありがとうございます






スポンサーサイト

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT